若楠児童発達支援センターの新着情報

2022.10.18

外遊びをしました

10月、児童発達支援クラスでは、外遊びをしました。

目的の公園まで、スタッフと手を繋ぎ、交通のルールを守りながら歩いて行きました。

横断歩道では、①止まる ②信号の色を見る ③赤→待つ 青→右左右、車が止まっているか確認して渡りました。

「信号の色は何色かな?」

渡る前にしっかり手を挙げてから進んでいました!

公園に到着!子どもたちは、滑り台やシャボン玉など、それぞれ好きな遊びを楽しみました。

「いくよー!」

「それ~!」

「たのしい♪」

「フ~~」

「バッタつかまえたよ!」

「どんぐりみつけたよー!」

時間いっぱい外遊びを楽しみました。

帰りの道では、枯葉を踏んでパリっとする音を楽しんだり、大きな枯れ葉を見つけると「みてー!」と嬉しそうにスタッフや友達に見せたりしていました。秋の季節を感じる発見もたくさんできました!

2022.8.30

若楠療育園職員の新型コロナウイルス感染症の発生について

2022.8.30

社会福祉法人 若楠  若楠療育園

園長 野上 憲彦

 

若楠療育園職員の新型コロナウイルス感染症の発生について

 

令和4年8月29日、当園の職員2名が、新型コロナウイルス感染症と診断されました。

うち職員1名は、直接利用者の方と接する部署ではありません。

他方の職員の最終出勤日は8月26日です。当園の判断で、濃厚接触者に該当する利用者および職員はいませんでした。今後も、体調観察を徹底してまいります。

皆様には、ご心配とご迷惑をお掛けいたしますが、何卒、ご理解の程、よろしくお願い致します。

 

お問い合わせは・・・

事務長 新貝 恵美

TEL0942-83-1121

2022.8.29

若楠児童発達支援センター職員の新型コロナウイルス感染症の発生について

2022.8.29

 

社会福祉法人 若楠  若楠児童発達支援センター

センター長 橋本 武夫

 

若楠児童発達支援センター職員の新型コロナウイルス感染症の発生について

 

令和4年8月28日、当センターの職員1名が新型コロナウイルス感染症と診断されました。

この職員の最終出勤日は8月19日です。当園の判断で、濃厚接触者に該当する利用者および職員はいませんでした。今後も、体調観察を徹底してまいります。

皆様には、ご心配とご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご理解の程よろしくお願い致します。

 

 

お問い合わせは・・・

事務長 新貝 恵美

TEL0942-83-1121

2022.8.10

令和4年度 佐賀県医療的ケア児等コーディネーター養成研修について(受講者募集)

人工呼吸器や痰の吸引など、日常的に医療的ケアを要する状態にある障がい児や重度障がい児等(医療的ケア児等)が、地域で安心して暮らしていけるよう、医療的ケア児等に対する支援が適切に行える人材を養成することを目的として、標記研修を開催いたします。

佐賀県が実施主体の研修です。療育医療センター若楠療育園が佐賀県から委託を受け実施します。

 

(研修期間)

①医療的ケア児等支援者養成研修 10/21・22(2日間)

②医療的ケア児等コーディネーター養成研修 10/21・22・11/11・12(4日間)

 

(場所)

メートプラザ佐賀(佐賀市兵庫町大字藤木1006-1 TEL0952-33-0003)

 

(募集定員)

①医療的ケア児等支援者養成研修 5名

②医療的ケア児等コーディネーター養成研修 20名

※定員に達した場合には、選考の上、受講者を決定します。

 

(受講対象者)

①看護職員、幼稚園・保育園・学校関係者、地域事業所等で医療的ケア児等を支援している者、また、相談支援専門員、保健師、訪問看護師等地域でコーディネーターの役割を担う者

②県内の県市町職員のうち、障害福祉業務に従事する者(特に各圏域における医療的ケア児を支える体制整備担当者)

 

詳細及び受講申込書(Word形式)

令和4年度 佐賀県医療的ケア児等コーディネーター養成研修

 

(お問合せ先)

療育医療センター 若楠療育園 総合相談室

〒841-0005 佐賀県鳥栖市弥生が丘2丁目134番地1

電 話  0942₋83₋1228(総合相談室直通) 0942-83-1121(代表)

FAX  0942-50-5242

担 当  総合相談室  佐藤

※お電話の際は、「医ケア研修についての問い合わせ」とお伝えください

2022.8.1

若楠児童発達支援センター職員の新型コロナウイルス感染症の発生について(続報)

2022.8.1

 

社会福祉法人 若楠  若楠児童発達支援センター

センター長 橋本 武夫

 

若楠児童発達支援センター職員の新型コロナウイルス感染症の発生について(続報)

 

令和4年7月30日、若楠児童発達支援センター職員1名が、新型コロナウイルス感染症と診断された件の続報です。

保健所の指導を受け、当園の判断で濃厚接触者に該当する利用者および職員はいませんでした。

健康観察をきめ細かく行いながら、消毒などを引き続き徹底した上で事業は継続します。

 

皆様には、ご心配とご迷惑をお掛けいたしますが、何卒、ご理解の程、よろしくお願い致します。

 

お問い合わせは・・・

事務長 新貝 恵美

TEL0942-83-1121

2022.8.1

若楠児童発達支援センター職員の新型コロナウイルス感染症の発生について

2022.8.1

 

社会福祉法人 若楠  若楠児童発達支援センター

センター長 橋本 武夫

 

若楠児童発達支援センター職員の新型コロナウイルス感染症の発生について

 

令和4年7月30日、若楠児童発達支援センター職員1名が、新型コロナウイルス感染症と診断されました。

職員の最終出勤日は7月29日です。保健所の指導を受け、健康観察をきめ細かく行いながら、消毒などを引き続き徹底した上で事業は継続します。

 

皆様には、ご心配とご迷惑をお掛けいたしますが、何卒、ご理解の程、よろしくお願い致します。

 

お問い合わせは・・・

事務長 新貝 恵美

TEL0942-83-1121

2022.7.22

7月 児童発達支援親子クラス

7月、親子クラスは七夕制作を行いました。

 

織姫と彦星の顔の台紙に、目と口のシールを貼って顔を作ります。

顔ができたら、シールで服に模様をつけます。

ペタペタ♪

名前を書くカードは、指にのりを付けて、ぬりぬり~♪

貼れました!

すずらんテープを指でつまんで裂きます。

ビリビリビリ~

最後は穴にこよりを通して結んだら・・・

完成!!

みんなで笹に飾りに行きました☆彡

2022.6.22

雑巾ウォーク(児童発達支援)

6月 児童発達支援クラスは、雑巾ウォークをしました。

 

☆一つ目は、体操座りの姿勢で進みます。

膝を伸ばして足とお腹に力を入れて体を前に引き寄せます。

「よいしょ よいしょ」ゴールまであと少し!

ゴール!「やったー!!」

 

☆二つ目は、四つ這いの姿勢で進みます。

お尻を上げてつま先で床を蹴って前に進みます。

「できるよ~」と自信満々!スイスイと進んでいました。

頑張っている友達の姿を見て「がんばれー!」と応援する声も聞こえました。

 

☆三つ目は、雑巾の上に立って進みます。

どうしたら進めるのかな・・・?

自分のからだをどう動かすか考えたり、スタッフに体のねじり方を教えてもらいながらゴールまで頑張りました。

順番を待つ間の約束は“座って待つ”でした。

自分の順番が来るまで座って待てました。

ゴールできたり、頑張ったことを褒められたりすると子どもたちは嬉しそうにしていました。

2022.6.7

ジェスチャーゲーム(放課後等デイサービス)

5月 放課後等デイサービスでは、「ジェスチャーゲーム」をしました。

 

ジェスチャーゲームって何?

ジェスチャーゲームとは、言葉を使わずに、身振りや動きで、何をしているか当てるゲームです。

ジェスチャーのお題をもらい、ペアの友達と役割や動きを決めます。

「こうするのはどう?」

「いいね!」

練習ができたら発表です!

 

<発表と指名する時の約束>

ドキドキしながら、練習した動きを披露します。

答える人は「何の動きかな…」「こうしてたから…」と、友達が何の動きを表現しているかよく見て考えています。

 

<答える時の約束>

子ども達は、何のジェスチャーか分かると➀手を挙げる ②名前を呼ばれる ③答える の約束を守りながら発言することができました。

正解すると「やったー!」と大喜び。

分かっていても答えられないことや、正解できないこともありましたが、「次がんばる!」と言って気持ちを切り替えていました。

2022.6.7

タッチケア教室のご案内

令和4年度、若楠療育園では幼稚園、保育園、子育てセンター等を対象に「タッチケア教室」を行います。

詳細につきましては、以下に掲載しているポスターをご覧ください。