若楠児童発達支援センター利用児の新型コロナウイルス感染症の発生について

2022.2.8

社会福祉法人 若楠  若楠児童発達支援センター

センター長 橋本 武夫

 

 

若楠児童発達支援センター利用児の新型コロナウイルス感染症の発生について

 

 

 

令和4年2月7日、若楠児童発達支援センター利用の児童1名が、新型コロナウイルス感染症と診断されました。

この児童は、7日に医療機関を受診し、抗原検査を受けたところ陽性が確認されました。当該児童の最終利用日は2月4日で、保健所の聞き取り調査により、6名の児童が濃厚接触者に該当すると判断されました。職員の濃厚接触者はありませんでした。

保健所の指導により、今後6名の児童がPCR検査を受ける予定です。職員は、健康観察をきめ細かく行い、消毒などを引き続き徹底した上で事業は継続します。

検査結果については、わかり次第ご報告致します。引き続き感染拡大防止に全力で努めてまいります。

皆様には、ご心配とご迷惑をお掛けいたしますが、何卒、ご理解の程、よろしくお願い致します。

 

 

お問い合わせは・・・

事務長 新貝 恵美

TEL0942-83-1121