若楠ひまわりプロジェクト

法人若楠では、毎年11月23日に「若楠感謝祭」を行ってきました。

昨年からコロナ禍となり、いつものように大規模な開催ができなくなりました。

それでも、地域の皆様に感謝の気持ちをお伝えしたくて、現在色々な企画を計画中です。

その一つとして・・題して、「若楠ひまわりプロジェクト」。

 

沢山のひまわりの花で、地域の皆様に「ありがとう」と「笑顔」を届けます。

令和3年9月、いよいよプロジェクトスタートです。

前もって、ポットの土入れ準備です。1階大地の女性が頑張りました。

 

9月3日(金)、土入れが出来たポットに、種をまいていきます。

玄関前に集合!講師の先生は、グリーンファーム山浦の職員です。

種も準備してもらいました。皆さん、よーく、説明を聞いてくださいね・・。

小さな小さな種でした。まずはポットの真ん中に、一粒落とします。

これが結構、難しいのです・・。利用者の皆さん、大騒ぎです。

もちろん、職員も一緒に大はしゃぎです。

種をまいたら、土かぶせ隊の登場です。こちらも大切なお仕事です。

これが深すぎたり、浅すぎたりすると、芽が出ませんからね。責任重大です。

 

最後にお水をたっぷりかけて、シートをかぶせ、芽が出るまで大事に見守りました。

早いのはなんと、種まきの2日後には可愛い芽を出ました。

お日様が良く当たる場所へ移動して、土の渇き、やりすぎに注意して・・。

9月16日(木)には、こんなに大きくなりました。

次はプランターに定植する予定です。どんなひまわりが咲いてくれるのか楽しみです。

そして、地域の皆様が喜んでもらえますように・・。